<< 「稼ぐデザイン力!2」より 【事例紹介】 リンナイ株式会社  | main | 小規模事業者持続化補助金 >>

類似のデザインについて

 類似のデザインが問題になっています。パクるのは論外としても、結果的に似てしまうことはあります。その場合はどうしたら良いのでしょうか? -----------------
「稼ぐデザイン力!2」より --------------------

「デザインが似てしまう理由」  

 最初にデザインを進めていくときは、「絶対に他社のデザインに似ないようにしよう」と心に決めてスタートするのですが、悲しいかな、その業界のヒット作があると、どうしても似てしまう、そのデザインに影響を受けてしまう、ということが良く起こります。デザイナーも、似ないように、似ないようにと思えば思うほど、なぜか似てきてしまうのです。

  これはデザインに限らず、音楽の世界でも同じかもしれません。ビートルズに影響を受けたミュージシャンは、どうしても自分の音楽もなんとなくビートルズっぽくなってしまうようなものです。

  しかし、その商品の独自性を出そうと思えばオリジナルで独創的なデザインであることに越したことはありません。ではどうすればいいのでしょうか?

  どうしても他のデザインの影響から離れられない状態になったら、進んでいるデザインをすっぱりあきらめましょう。担当デザイナーも、その案件からは外れたほうが良いです。またデザインを監督する立場であれば、そのデザイナーは外したほうが良いと思います。

  売れている商品に影響を受けたデザインは、最後には「コピーか?」と思うほど似てくるものです。実は、良いデザインというのは、ある程度完成されたものであるため、デザイナーが完成形に近づけようとすればするほど、それに近づいてしまうのです。

  ですから作業者や監督者が途中で「あのデザインに似ているな」と気付いた時点で、作業を「ストップ」するのがデザイナーとしてのモラルであり最善の方法です。

at 16:05, プロフィール, デザインのヒント

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://2011.design-power.biz/trackback/120